スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不要な本、BOOKOFFor買取or出品?

未分類
08 /17 2017
昨日は職場の人に遊びに来ていただき、
彼女も自分の部屋片付けよう。と言って帰って行かれました。
それを受けて私ももっと片付けたくなり。

ということで、整理できないまま実家に置いてきた数100冊もの本が気になってきたので、実家から自転車で20数分のところにあるBOOKOFFに売りに行くことにした。

一時阿呆みたいに自己啓発本や健康本などを買い漁った時期があり、少しずつ処分もしたけどまだその残骸というか・・・文庫、新書、その他スマホの活用法の本やらカバーの無い国語辞典まで、冊数もろくに数えず。

布袋・紙袋で3袋になり、自転車のかごからはみ出て左手で押さえながら移動。
運搬中もかごから本が落ちそうになりながらひやひや。
かごが重すぎて発車したり停車するときバランス崩して転倒しそうに。
もし転倒したときに横に車が通ったらどうすんねん。

・・・という命をすり減らすようなことのないように、

・冊数を減らして回数を分けて運ぶ
・自動車やバイクで運ぶ
・買取サービスを利用する
・中古で出品する

のがいいのかな・・・などと、自転車を漕ぎながら思うのでした。


ちなみに、34冊売れて695円になりました。
BOOKOFF会員のポイントも+34ポイントついてる。

売れた本の内訳ですが、そこまで新しい本が無かったのもあり、
自己啓発本の有名どころとして、
さとうみつろう「神さまとのおしゃべり」(2014年)が50円、
心屋仁之助「「好きなこと」だけして生きていく」(2014年)で20円とか
そんな感じで売れました。定価は1500円とか1200円の本ですが・・・
中古で出品するやり方はよくわからないのですが、この系統の本も自分で出品すればもっと高く売れるのではないでしょうか。

わざわざ買取サービスについて調べたり、自分で出品する手間を考えても今回は少しでもさっさと片付けたかったので無理して持っていきましたが・・・捨てるのも何となくもったいないし、ごみの日まで待たなきゃいけないのが嫌だし。

その他の一般のビジネス書は5円の値がついたり、雑誌、文庫、新書などでもものによって10~40円の値がつくようです。
カバーの無い国語辞典は値段つかなかったです。
あと水野敬也 「夢をかなえるゾウ3」(2014年)も値段つかなかったのが意外でした。
保存状態が特に悪かったわけでもないはずなのに何故?


あれだけ自転車のかごに詰めて運んでも600円・・・
実家の本棚も少しは減ったかな程度でまだまだ捨てられない本がたくさん残ってるし。
とはいえ少しでも本棚が空いてお小遣いになって良かったです。

今の片付けのやる気のあるうちに、また行けたらと思います。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。