スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の申し込み

1人暮らし前
06 /14 2017
ゲームしたり昔買った本を読み返したり
久しぶりにピアノを触ってみたり、ちょっと片付けてみたり・・・
適当に休憩しながら何ということもなく過ごしていたある月曜日の朝。

いつもの条件(家賃共益費込み4.5万円、2階以上、南向き、エアコン、駐輪場)と新着にチェックを入れてふと部屋探しのサイトを見てみたところ、以前1か月前の今頃、申し込んだけど返事がないまま終わってしまっていた部屋の募集が出ているのを発見。
・・・は?なんで?
1か月前にタイムスリップしたかと思った。

どうしても気になるのでその部屋の店舗に行き話を聞いてみたところ、その部屋はずっと空いていたとのこと。
どうやら以前申し込んだときの店舗と家主さんとの連絡が上手くいってなかった模様。

母にも相談し、今日の夕方申し込み用紙を記入しに行った。
連帯保証人は同居している母よりも別居しているが正社員で年収も確かな父の予定。
年収、勤務先住所、電話番号、勤続年数なども書く必要があったので、少し手間がかかった。

今日の店舗と家主さんは親しい間柄らしく、審査の結果は明日か明後日には教えてくれるとのこと。
なんだか期待できそうで楽しみになってきた。

今回学んだのは、部屋を内覧するのはどの不動産会社を利用してもいいが、
申し込むの(審査のとき)は、部屋情報詳細のページの下の方に書いてある担当店舗に赴いて申し込んだ方が良いということ。
なぜなら、担当店舗と家主さんが親しいことが多く、逆に、担当店舗でないところから申し込むと連絡が上手くいかない可能性もあるため。



◇できたこと
・部屋の申し込み用紙を記入



もし部屋が決まったら洗濯機冷蔵庫、食事の場所とかドライヤーの場所とか家計管理どうするかとか色々気になることが・・・今度家賃の振り込みのこととかもしっかり聞いておこう。ネット環境もどうなってることやら。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。